生産技術とは?業務内容や求められるスキルについて解説 | 静岡・愛知×エンジニアに特化した転職サイトby Achieve Career

アクセス

生産技術とは?業務内容や求められるスキルについて解説


IoTの普及やスマートファクトリー、DXといったキーワードが登場する中で、製造業における生産技術職は生産性の向上や効率化を求められています。
生産技術職は生産現場に欠かせない重要な仕事ですが、その仕事内容はどのようなものなのでしょうか。
生産技術職の概要や業務内容、必要なスキルなどについて解説を行います。

生産技術とは?

生産技術とは、製造業における生産ラインの管理や設計を行うことです。
製造業においては、製品・部品を量産するため、効率的に生産ラインを稼働させていくことが求められます。

生産ラインとは、大量に同一の製品・部品を生産するためのもので、流れ作業により生産を実施していきます。
生産ラインにおいては、原材料を元に人や機械が加工・組み立てを実施します。
その際ベルトコンベアなどで流れを作り、ライン上で順次作業を実施していくことから生産ラインと呼ばれています。
生産技術と似た「生産管理」という業務がありますが、両者にはその役割や目的に違いがあります。
生産管理は、品質管理・原価管理・工程管理などを担当し、生産物を管理することを目的としています。
一方で、生産技術は設備・環境の管理及び保全、設備の新規導入、生産ラインの設計・改善などを担当し、生産の効率化を図ることを目的としています。


業務内容

ここまで生産技術について紹介してきましたが、生産技術職の業務内容は具体的にどのようなものなのでしょうか。
以下で解説していきます。


生産ラインの設計・管理

生産技術職は、生産ラインの設計や管理を担当します。
生産ラインを設計するためには、SLP(システマティック・レイアウト・プランニング)と呼ばれる手法がよく活用されます。
SLPでは、生産数量と生産品目の分析から始めて、製品別・グループ別・機能別に最適なレイアウトを検討していきます。
さらに、ものの流れ分析として、生産効率を高めるための最適な配置を決めます。
このように手順に沿って設計を行うことで、効率的な生産ラインのレイアウトを作成することができます。
また、生産ラインの管理も生産技術職の役割の1つです。
生産ラインで問題が発生した場合は、関係者と調整しながら原因の調査や早期復旧を実施します。
生産ラインの停止は企業の損益に大きな影響を与えるため、生産ラインの復旧は重要な仕事と言えるでしょう。

設備導入

また、設備の導入も生産技術職の仕事です。
生産効率を上げるための設備の改善や新規導入、設備のパフォーマンスを維持するために定期的な部品交換などのメンテナンスなどを行います。
設備の新規導入には、一般的に大きなコストがかかります。
生産技術の担当者は、その投資に見合う効果が見込めることを、経営陣に説明する必要があります。
またそのためには、設備の導入によりどの程度の生産性改善が見込め、どの程度の期間でコスト回収できるか算定しなくてはなりません。

生産体制の効率化

生産体制の効率化も生産技術の重要な仕事です。
例えば、現場の従業員とのヒアリングを通して、生産工程における改善事項の洗い出しを行います。
結果として、工場内の導線に不備があれば解消したり、人員配置に問題があれば配置を見直したりします。
ヒアリングを行う際には、仮説を立てることが大切です。
漫然と意見を聞いても、期待するような答えは返ってきません。
自身で工場内に潜在していると思われる課題を想定し、その仮説に基づきヒアリングを行い、事実を検証していくことがポイントとなります。

生産技術職に求められるスキル

それでは、生産技術職にはどのようなスキルが求められるのでしょうか。
以下では「コミュニケーション力」「課題発見・解決力」「設計や表計算ソフトに関する資格や知識」という3点を取り上げ、解説します。


コミュニケーション力

生産技術の仕事では、多くの部署と関わる必要があります。
さらに、その相手も一般の従業員から工場長、本社の管理職など幅広い役職の人となります。
特に、設備導入のように大規模な投資が必要である場合は、決裁権限を役員クラスが持つケースも多く、経営層との調整・交渉も必要となってきます。
また、上述したヒアリング業務を実施する際にも、コミュニケーション能力が重要です。
相手から情報を引き出すためのスキルが求められます。
このように、生産技術職には高いコミュニケーション能力が必要であるといえるでしょう。
また、人とのコミュニケーションが好きな方に向いている仕事といえるかもしれません。

課題発見・解決力

生産技術職は生産体制の効率化を常に意識する必要があります。
そのためには生産ラインや生産体制などの課題を発見し、解決していく課題発見・解決力が求められるといえます。
課題を発見するためには、日常的に違和感や非効率を見逃さない姿勢が必要です。
マニュアル通りの仕事に満足せず、より効率的にするために、常に探求心を持って課題を発見しようとする意識と解決する力を持つ方に向いている仕事と言えるでしょう。

設計や表計算ソフトに関する資格や知識

生産技術として仕事をする際には、設計などでCADと呼ばれる設計ツールを使うことが多いため、これについての知識があると転職に有利となります。
CADの知識を証明する方法として、CAD利用技術者試験のような資格を取得することもおすすめです。
また、在庫管理などの作業はPCで実施することが基本となるため、表計算ソフトなどの基本技術をもっているとよいでしょう。
表計算ソフトの利用方法に精通していることで、効率的に作業を実施することが可能です。

生産技術職への転職を考えている人はエンジニアコネクトを利用しよう

エンジニアコネクトは、静岡県・愛知県のエンジニア案件を紹介する転職エージェントサービスです。静岡県内、愛知県内ではトップクラスの求人数を誇り、製造業特有の企業風土や職務に精通したサポートを実施しています。 掲載中の求人情報はAchieve Career が応募の受付を代行します。興味のある求人にご応募いただければ、エンジニア専門コンサルタントが転職サポートを実施します。 また、エンジニアコネクトでは生産技術職の求人も豊富に取り扱っているため、求人情報へアクセスしてみてください。


まとめ

この記事では、生産技術の概要や業務内容、必要なスキルなどについて解説を行いました。
技術の発達とともに生産現場には効率化や生産性向上が求められており、生産技術の役割は重要度を増しています。
また、生産技術は工場内の調整役として全体像を把握していることから、将来的に重要なポジションに登用される可能性もあるといえるでしょう。
生産技術としてキャリアを積むことで、なくてはならない有用な人材として活躍できる可能性があります。


製造業転職に特化した「エンジニアコネクト」の紹介

生産技術職として転職を検討されている方は、エンジニアコネクトの利用がおすすめです。エンジニアコネクトは、Achieve Career が運営する静岡県・愛知県のエンジニア案件を網羅する転職エージェントサービスです。
静岡・愛知県内ではトップクラスの求人数を誇り、製造業特有の企業風土や職務に精通したサポートを実施しています。

掲載中の求人情報はAchieve Career が応募受付を代行します。
興味のある求人にご応募いただければ、エンジニア専門コンサルタントが製造エンジニアの転職をサポートいたします。
生産技術エンジニアとしての求人も多数そろえておりますので、ぜひご覧ください。

■生産技術に関する求人は、こちらから