生産管理とは?9つの業務内容や必要なスキル・資格について徹底解説 | 静岡・愛知×エンジニアに特化した転職サイトby Achieve Career

アクセス

生産管理とは?9つの業務内容や必要なスキル・資格について徹底解説

製造業の現場では、受注から納品まで多岐にわたる業務が発生します。 そのなかで生産管理は、製造に関する一連の業務を管理し、製造の計画を立てたり、製造現場の指揮をとったりと重要度の高い業務です。
生産管理の仕事内容を9つに分けて詳しく解説していきます。
生産管理として活躍するために身につけたいスキル・資格も紹介するので、生産管理への転職を検討されている方はチェックしてみてください。


生産管理とは?

製造業における「生産管理」は、製品を作るための業務全般を広く管理する仕事です。
「原材料として何をどのくらい仕入れるか」「いつまでに、いくつ製造するのか」「品質チェックはどう行うのか」など、具体的な計画を立て、出荷・納品に向けて指揮をとります。
生産管理の仕事で重要なのは、「品質(Quality)、原価(Cost)、納期(Delivery)」の3要素を高い水準でキープすることだとされています。この3要素は「QCD」と呼称され、多くの製造現場で強く意識されています。
なぜなら、QCDを最適化することで「良質なものを、安く、短納期で」提供できることから、顧客満足度が高まり、売上も好調になるためです。QCDの水準次第では、自社製品の競争力が強まったり、弱まったりします。
このようにQDCを扱う生産管理の仕事は、会社の競争力に影響を与える重要な業務だと言えるでしょう。

生産管理における9つの業務内容と「QCDの最適化」を図るポイント

生産管理とよく似た言葉として、「工程管理」や「製造管理」というものがあります。
工程管理は効率的な生産工程を管理する仕事で、製造管理は製造に特化して状況を管理する仕事です。どちらも、生産管理の幅広い業務の中の一部であるという位置づけになります。
では、生産管理は具体的にどのような業務を担うものなのでしょうか。業務内容を9つにわけて解説していきます。

業務① 需要予測

需要予測は、製品の需要を予測し、企業の利益を守る業務です。
需要があるにもかかわらず在庫が足りない場合は、利益を逃してしまうため、機会損失となります。
反対に需要を大きく上回る量の商品を作ってしまうと、在庫を抱えることになり会社の損失となってしまいます。
そのため過去の受注データや景気情報、季節的要因、競合他社の状況などを注視し、需要を予測する必要があります。

業務② 生産計画の作成

前項の需要予測をもとに製品数や納期を細かく計画するのが、生産計画の業務です。
マーケティングデータや顧客へのヒアリングを行いながら、最適な製品量・納期タイミングを計画していきます。
また、社外の情報だけではなく自社の生産ラインの状況や、作業員が確保できるのかなどの社内状況も踏まえて、プランニングを行っていく必要があります。

業務③ 調達・購買計画の作成

生産計画通りに製品を作るために、必要な資材を調達する必要があります。
そのために行う、調達・購買計画の作成も生産管理のひとつとなっています。
また、資材が不足してしまうと製造ラインそのものが止まってしまい、結果的に機会損失が生まれます。
しかし、過剰に調達してしまえば資材が余ってしまい、キャッシュフローが悪化する原因となります。
そのため、生産計画に沿って適切な数を判断し調達することが求められます。

[中見出し4]業務④ 工程計画の作成

工程計画は、製造手順を計画したり、日程計画を立てたりする業務です。
また、工程計画に沿った工程管理も行う必要があります。
組織体制によっては、生産管理部門ではなくほかの部署が担うというケースもあります。

業務⑤ 生産実施・コントロール(工程管理)

工程計画が決まり、製造が始まった後は、計画通りに工程が進行するように管理していきます。
見るべき範囲は広く、細かく分類すると以下の管理業務が発生します。

• 受注管理
• 発注管理
• 在庫管理
• 製造管理
• 外注管理
• 進捗管理

以上の管理をおこなうことで、業務が計画通りに進むようにコントロールすることができます。

業務⑥ 関係各所との交渉

企業として利益をしっかり確保するためには、コスト管理を行わなくてはなりません。
原材料の調達コストを少しでも安くするために交渉したり、販売価格を見直すために交渉したりするのも生産管理の業務の1つです。

業務⑦ リソースの割り振り

効率的な製造のために、適切なリソースの割り振りが必要となります。
適切な人材管理を行うために、現状のリソースを把握し、見直しのタイミングを定めておくことが重要です。

業務⑧ 品質管理

品質管理は、調達資材または完成品の品質を管理する業務です。
完成品の品質チェックにおいては、製造が適切な手順で行われたかどうかも同時に確認します。
検査方法としては、全製品に対して検査を行う場合と、ランダムに製品を抜き出して検査する場合があります。
万が一不良品を見つけた場合は、同一製造日や同一ロットの製品を詳しく分析し、どこに原因があるのかを探る必要があります。

業務⑨ 在庫管理

在庫管理は、製品ごとの在庫数を把握し管理する業務です。
予測した需要と実際の需要に乖離がある場合、在庫が不足したり、または余ったりします。
そのような場合は、状況に合わせて生産計画を変更し、製造数を増減させるなどして柔軟に対応していく必要があります。

生産管理に必要な5つのスキル

前述のとおり、幅広い業務を行う「生産管理」ですが、実際にどのようなスキルがあればよいのでしょうか。
以下では、生産管理の業務に必要とされる5つのスキルを解説します。

①製品・生産現場に関する幅広い知識

生産管理の業務は多岐にわたるため、業務全体に対する広い知識が必要です。
生産管理の基礎知識や資材・設備の管理方法などはもちろん、使用している設備や商品についての知識も必要となってきます。

②定量的な判断力・論理的な思考力

適正な利益を得るためには、製品を無駄なく製造することが重要です。
無駄のない製造のためには、需要を見極める判断力や、マーケティングの視点が求められるでしょう。
また、物事を定量的に捉えて計算する能力も必要となります。
計画に沿った製造を進行するためには、どのくらいの作業員を確保すればいいのか、合計で何時間かかるのかなどを数字を使って予測する能力が不可欠です。

③ マネジメント能力

生産管理は、製造の現場で手を動かす仕事ではありません。
だからこそ俯瞰した視野で全体を捉えることが重要です。
製造プロセスの全体把握や、作業員の配置など、常に大きな流れを見て、業務のバランスの最適化を目指す必要があります。

④ディレクション・コミュニケーション能力

鋭い計画を立てることができても、実行できなければ意味がありません。
生産管理には、製造現場の人間をマネジメントしていく能力が必ず問われるでしょう。
また、各担当者との交渉を重ね、丁寧な調整を繰り返すことで、業務改善と同時に司令塔としての信頼を得ることになります。

⑤柔軟な対応力

幅広い業務を遂行していると、予期せぬトラブルが発生することもあるでしょう。
特に生産の現場では、資材の搬入遅れなどの影響により、度々計画通りに製造できないということが起こります。
こういった有事の際に、製造プロセス全般を管理する生産管理職は、いかに臨機応変に対応できるかが重要となっています。

生産管理への転職や業務に活かせる資格

生産管理に関するスキルアップ・転職に役立つ、2つの資格について紹介します。
中央職業能力開発協会が提供している「ビジネス・キャリア検定試験」の中には、「生産管理オペレーション」と「生産管理プランニング」があります。
生産管理オペレーションは、製造現場で必要となるような専門知識が身についているかどうかを試験します。
生産管理プランニングは業務経験の長い方や役職者向けの資格で、生産管理全般を担うことができる人材かどうかを試験するものです。
取得していれば、スキルアップや、同業種での転職活動の際に役立つとされています。


まとめ


生産管理の担当者は、製造にかかわる幅広い業務を管理しています。
生産管理は、製品の利益に直結する重要な業務であり、生産管理を経験すれば、それだけ個人のスキルアップにもつながります。

生産管理職への転職はエンジニアコネクトがおすすめです。
エンジニアコネクトは、静岡県・愛知県のエンジニア案件を網羅する転職エージェントで、生産管理に関する転職実績も豊富です。
下記のリンクから、生産管理の案件を探してみてはいかがでしょうか。


製造業転職に特化した「エンジニアコネクト」の紹介

生産管理職して転職を検討されている方は、エンジニアコネクトの利用がおすすめです。
エンジニアコネクトは、Achieve Career が運営する静岡県・愛知県のエンジニア案件を網羅する転職エージェントサービスです。
静岡・愛知県内ではトップクラスの求人数を誇り、製造業特有の企業風土や職務に精通したサポートを実施しています。

掲載中の求人情報はAchieve Career が応募受付を代行します。
興味のある求人にご応募いただければ、エンジニア専門コンサルタントが製造エンジニアの転職をサポートいたします。
生産管理エンジニアとしての求人も多数そろえておりますので、ぜひご覧ください。

■生産管理に関する求人は、こちらから